オンラインゲーム・ウィザードリィオンラインって、結局どうなの?

  • カテゴリ過去ログ
  • コメント(0)

ゲームポットが提供する予定の無料オンラインゲームウィザードリィオンラインのシアターカンファレンスが開催されました。プロモーションムービーを見た限り......、ど、どうなんでしょうね? これは。以下抜粋。

発表会では、「Wizardry Online」総合プロデューサーの岩原ケイシ氏がゲームを紹介。「とにかく難しいゲームだが、そこが面白いところ。どこかにあるゲームだといわれないように尖らせたい」とゲームの方向性を語った。


続いてプロモーションムービーが上映された。レッサーデーモンに追われて逃げる冒険者と、その末路が描かれたもので、映像制作会社の白組が半年ほどかけて作成したものだ という。岩原氏はこのムービーについて、「戦わなくてもいい、逃げてもいいんだということを表現したかった」と語った。

最後に岩原氏から、オープンβテスト(OBT)についての説明があった。新たなプレーヤーキャラクターとしてノームを追加するほか、ダンジョンや装 備品、また新たな仕様も追加するとしている。「今までになかった仕様もいろいろ追加する。過去のテストでフィードバックも受けてきたので、その内容を吟味 してゲームに反映させる」という。


肝心のスケジュールだが、日程は今夏とだけ発表された。岩原氏は「いろいろな意見をいただいており、ベストな状態にするため時間をかけたい。OBTも行なうがタイミングを考えている。事前に登録すると特典がもらえるといったことはやりたい」と説明した。

[情報元・Game Watchさん]


なんかこう、それこそありがちなコントっぽいプロモーションにも見えてしまいましたが、難しいのだ! という雰囲気は伝わってきました。音楽は、DIR EN GREYが協力している、とのことです。こういうのって売り上げに影響するのかなぁ……という純粋な疑問が浮かびました。

しょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:運営元が全力でプレイヤーを殺しに来るのは珍しいスタンスだけど……。

しゃきーんさん:PKも有り、PKリスクも有り、PKKも有り、キャラロストも有り、有り有り尽くしでどこまでユーザーに受け入れられるか。

しょぼーんさん:実際どこまでユーザーが楽しめるかどうかって事なんだろうね。

しゃきーんさん:これってさ、Wizである必要あったの?

しょぼーんさん:ないんじゃない? でも、Wizからヒントを得たってのもあるだろうし、デモンズから良いところも取ってきたってのもあるだろうし。

しゃきーんさん:良いとこ取り狙いってところなのかね。

しょぼーんさん:というか、その割には今夏になってるね。

しゃきーんさん、焦る:え? 最初はどうだったの?

しょぼーんさん:いや、カンファレンスを開くってことはオープンβの正式な日程とか発表するのかなって思ったんだけどね。

しゃきーんさん、焦る:クローズドβで随分修正が出来たのか? 

しょぼーんさん:まぁ、その可能性は高いんじゃない?

しゃきーんさん:なるほどねぇ。

しょぼーんさん:というか、DIR EN GREYとコラボる意味あるのかな?

しゃきーんさん、焦る:え? いや、そういう方が注目度があがる……とか?

しょぼーんさん:そんなんであがったら苦労しないと思うのだよね。

しゃきーんさん、焦る:そんなの呼ばわりすんな! 

しょぼーんさん:言い方が悪かったかな。でも、ゲームやる層とマッチするか否かは微妙なラインだと思うって事。

しゃきーんさん:ああ、そういうことか。 

しょぼーんさん:こういう風に、ネトゲでアイドルになんとか~とか、アーティストになんとか~とか色々みてきたけど、やっぱり効果は懐疑的だと思う。

しゃきーんさん:むしろ逆にすりゃいいんだよな。

しょぼーんさん:そう、ゲームが売れてからやればいい話だよね。

しゃきーんさん:ま、結構先になりそうだから、また話が出たら色々調べてみようぜ。

しょぼーんさん:あい。


記事にコメントを書く