比較記事:ファミ通とメディアクリエイトの販売ランキング比較 [集計日:2015年8月3日~8月9日]

  • カテゴリビジネス
  • コメント(0)

最初に断り書き

本記事は、ファミ通.comと4Gamer.net(メディアクリエイト調べ)より発表されているゲームタイトルの売上数にどれくらいの差や違いがあるか、純粋な疑問から作ることにした記事です。

また、比較表を作る際に、ファミ通さんおよびメディアクリエイトさんのデータを引用させて頂いています。見やすくするためのレイアウト変更はありますが、数字の改変などは一切行っていません。もし問題があるようでしたら早急に対処します。

集計期間:2015年8月3日~8月9日

2015年8月3日~8月9日 ゲーム売り上げ比較データ

[参照元:ファミ通.comおよび4Gamer.net

新作は、以下の4本となっています。

  • ルミナスアーク インフィニティ
  • ぎゃる☆がん だぶるぴーす
  • 信長の野望2
  • 三國志2

SRPGとなる「ルミナスアーク インフィニティ」が、良い感じにランクインしています。アイドル育成とシミュレーションを組み合わせるという異色感が、プレイヤーから支持を集めたような印象でしょうか。

「ぎゃる☆がん だぶるぴーす」は、PS4版よりもVita版が伸びる結果となっています。とはいっても、売り上げ自体はそんな大きいわけではありませんが、各機種の数字も結構近いモノがある気がしないこともありません。

「信長の野望2」と「三國志2」は、それぞれ過去作をベースにした3DSでのリメイクとなります。ベスト版みたいな存在なので、今後ジワジワと売れていけば良いのでしょう。

全体的に見て、やはり「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」と「妖怪ウォッチバスターズ」「スプラトゥーン」は強い存在感を発揮しています。「どうぶつの森」と「妖怪ウォッチ」はシリーズものなのでネームバリューもありますが、「スプラトゥーン」がどこまで伸び続けるか、今なお見どころに違いはありません。

各ハードについて

Wii Uは、やはり先週と似たような推移です。「スプラトゥーン」のような新作が手応えを出してはいますが、強くハードを牽引するには至っていないのが現状でしょう。それでも、多少は影響があるとも思えますが。

またPS4も、同じく先週と似た推移になっています。サービス面での強化やインディーゲームなど、ジワジワと出てきていますが、大きくハードを牽引する何かが待たれているところでしょう。

Xbox Oneは、微々たる程度には伸びています。やはり、日本市場での厳しさが垣間見えてくるわけですが、こちらもまたハードを牽引しそうなタイトルが求められるのでしょう。

以上、今週の売り上げ比較記事でした!

比較記事:ファミ通とメディアクリエイトの販売ランキング比較 [集計日:2015年8月3日~8月9日]に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:先週同様、「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」が首位に輝いたよーってなお話です。

しゃきーんさん:圧巻の強さというべきだな。

しょぼーんさん:まぁね。スピンオフだから中身は今までと違ったモノになってるけど、家作りが好きなら十分アリじゃない? ……今週はお盆だから新作もなさそうだし、いっぱい消化しましょう!

しゃきーんさん:……消化できそうにないというフラグ、かねぇ……。

記事にコメントを書く