連載:気まぐれゲーム雑記 第911回:Steamの同時アクセス数が1076万を突破

  • カテゴリコラム / 連載
  • コメント(2)

どんどん勢い付けば良い。

広がり続けるSteam

AZです。AppBankGamesの件といいコナミの小島氏の件といい、炎上案件に近しいようなニュースが飛び交っているあたりを見ると、どんな結果だったとしても基本は「冷静に」事を見守るのが無難だと思うわけです。

それはさておき、Steamの同時アクセス数が1076万を突破しました。

Steam & Game Stats

勢いがあってよろしいですね。

同時アクセス数については、5月の段階で950万、6月には1000万人を記録しており、4ヶ月程度で更に伸ばした結果となります。合計ユーザー数は1億2500万を超えている事が今年の2月のGDCで報告されていますし、より一層勢いを増しているといったところではないでしょうか。

また、PCゲーム市場において最大規模のプラットフォームであるSteamを運営するValveは、Steamに広告を掲載するという戦略は視野に入れていない事を明確にしており、あくまでもユーザー目線での運営を続ける姿勢を見せています。こういったところは、実にValveらしいとも言える部分でしょう。

今後、Steamは「Steam Link」や「Steamコントローラー」でリビングへの進出を果たす事になります。日本では両方とも発売されるのかどうかさえわからないわけですが、「Steam Link」がリビングに与える影響がどういったモノなのかは注視しておきたいところがあります。

Steamは、今後も着実にユーザー数を増やしながら規模を大きくしていく事が予想されます。PCゲームが日陰の存在である日本においては各メーカーがどのように対応するのか、しかと見ておきたいですね。

[情報元:GameSpot

連載:気まぐれゲーム雑記 第911回:Steamの同時アクセス数が1076万を突破に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:Steamの同時アクセス数が1076万を突破したよーってなお話です。

しゃきーんさん:勢いあるなぁ……。

しょぼーんさん:流石の一言っすな。売る場として成長し続けるというのは良い傾向だよ。日本じゃPCゲーム市場はあまり見向きされないけど、色んなメーカーが突っ込んできて欲しいとは思うよね。……「おま国」なんかしてないでさ……。

しゃきーんさん:「おま国」に関しては、メーカーなりの都合があるんだろうよ。……使う側にとっちゃ、知った事じゃないけどな。

コメント (2)

名無しのゲーマーさん

久しぶりにカキコ。

仮におま国が見直されても「どうせ日本向けは規制版になって、無修正の海外版にはリージョンロックをかけて日本からアクチできないようにするんでしょ?」としか思えない…。あとは海外の限定版に付属していたコンテンツを、日本向けでは削除するとか。

バン◯ム、SE◯A、Waner Br◯s、K◯NAMIなど大手パブリッシャが、今後おま国・おま値・おま日・おま規制を改めるとはとても想像できないです。

AZ

ご無沙汰しております!(`・ω・´)

>バン◯ム、SE◯A、Waner Br◯s、K◯NAMIなど大手パブリッシャが、今後おま国・おま値・おま日・おま規制を改めるとはとても想像できないです。

おそらく、今の時点だとそう思っているPCゲームプレイヤーが多いとも思えますね。
むしろ、今までが今までなだけに、そう考えるのがむしろ“当たり前”にも感じてなりません。
こういった話は、Steam等々のPCゲーム販売に関する確かな数字が提示されていない、というのが一番のネックなところでしょうか。
多少なりとも、今の日本市場でPCゲームを販売した場合、どれほどの利益が出るのかという具体例が見てみたいモノです。(´・ω・`)

記事にコメントを書く