PS3・魔女と百騎兵のシステムが公開されましたが隣の奥さんの方が気になる件

  • カテゴリ過去ログ
  • コメント(0)

昨年の発表から、個人的に注目しつつも情報がまるで出なかった「魔女と百騎兵」ですが、ついにシステム情報が少しですが紹介されました。以下、抜粋。

百騎兵は同時に5個まで武器を装備可能で、装備したスロット順に連続攻撃を繰り出せる! 同じ武器でも装備したスロットによって攻撃のモーションや効果が劇的に変化するらしいので、自分に合った攻撃方法を編み出す楽しさが!!

世界に散らばる町や村の建物は“ウイッチ・ドミネーション(魔女制圧)”の対象で、制圧を開始すると住居人との特殊バトルが発生。制圧に成功した建物にはいろいろな使い道があり、魔女様の支配力もUP!

[情報元・電撃オンラインさん]

やり込み要素がもの凄く多そうですし、好き勝手やりたい放題できるというスタンスで作られている本作なので、海外ゲームのテイストを日本で売れそうなベースに置き換えて作り直した感じがするのが、個人的にはとても好感が持てます。

あと、電撃オンラインさんで公開された情報のこちらの画像にある「隣の奥さん:やめてぇえええ!!」の一言が凄く気になります。なぜ隣の奥さんが違う家にいるんでしょうか……。昼メロ的などきどき感が満載ですね……。

また、発売日についてですが、電撃PlayStationに発売日が掲載されているようですので、そちらも抜粋しておきます。

日本一ソフトウェアが開発する期待の新作アクションRPG「魔女と百騎兵」の発売日が6月28日ということがわかった。機種はPS3。価格は7.140円(税込)。初回限定版は10,290円となっている。

この情報は電撃PlayStationから。

[情報元・G-Rendaさん]

6月末とは随分先になりそうです。あとは、以前もちょっとだけありましたが、実際に動いているプレイ動画が出てきてくれれば嬉しいですね。

個人的に期待大の一作なので、今後の続報に期待です!

しょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:魔女と百騎兵のシステム紹介です。……どちらかといえば、隣の奥さん紹介です。

しゃきーんさん、焦る:どう考えても単なるモブキャラだろ……。

しょぼーんさん:いや、どことなく感じるこの昼メロ感。……スゴイゲームですね。

しゃきーんさん、焦る:貴様は壮絶な勘違いしとる……。

しょぼーんさん:冗談はさておいて、システムはまだ微々たる程度しか出てきてないけど、何でもやれるゲームっていうスタンスが良いかなぁと。

しゃきーんさん、焦る:海外ゲームみたいで?

しょぼーんさん:Yes。何でもアリの海外ゲームを日本ベースで作りました、っていうのが好感触。凄くいいです。

しゃきーんさん:そこで、この隣の奥さんに話が回帰するわけか。

しょぼーんさん:まぁ、家を制圧する時のワンシーンなんだとは思うけどね。どうして隣の奥さんが、制圧予定の家にいたのか、という不思議を考えるともうね……。

しゃきーんさん、焦る:そ、そこは深く考えるなってことだろ……。

しょぼーんさん:でも、こういうやりたい放題なゲームが日本でも出るっていうのを喜びたいなぁ。善人プレイも悪人プレイも全てを容認するっていうスタンスのゲームは少ないので。

しゃきーんさん:双方それぞれにメリットデメリットはあるだろうが、日本のゲームは勧善懲悪が基本のモノが多いからな。

しょぼーんさん:自分で選び取れるっていうのは嬉しい限り。期待したいですね。……あと、隣の奥さんにも期待です。

しゃきーんさん、焦る:だからどう考えても単なるモブキャラだろ……。

記事にコメントを書く