Nintendo Switch版「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」の発売が2018年夏に決定

  • カテゴリニュース / 家庭用機
  • コメント(2)
イースVIII -Lacrimosa of DANA-

PS4などから発売された「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」ですが、Nintendo Switch版の発売が2018年夏に決定しました。

色々と手広いですね。

今回のNintendo Switch版の販売を手がけるのは、日本一ソフトウェアという事になっています。ファルコムのタイトルは、海外向け場合日本一ソフトウェアなど他社がパブリッシングを担当するケースがあったりもするので、今回もそういった例に則った流れと言えるでしょう。

他ハードで出たタイトルなので、すでに評価も出そろっているタイトルですが、Nintendo Switch版はどういった仕上がりになっているかが注目されます。Nintendo Switch持ちな方々がどれほど反応するのか、暖かく見守っておきたいですね。

Nintendo Switch版「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」の発売が2018年夏に決定に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:Nintendo Switch版「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」の発売が2018年夏に決定だよーってなお話です。

しゃきーんさん:日本一ソフトウェアから出るのか。

しょぼーんさん:まぁ、ファルコムは海外向けだとパブリッシングを他社にするケースが多いわけだし、それはそれでいいんじゃないかな、と。Nintendo Switch版の出来映えも問題がない事を期待したい限りだね。……延期されたSteam版はファイナルβ中ということなので、そちらも暖かく見守っておきます。

しゃきーんさん:Steam版はそんなことになってたんか……。

コメント (2)

名無しのゲーマーさん

ファルコムは小さな会社ですのでこうやってパートナーの力を借りて展開していくのは大切だと思います。
すでにいろいろな会社と協力していますがこれからもいい関係を築きながら展開して欲しいですね。

AZ

>ファルコムは小さな会社
ファルコムは、上場企業ながらにそれ相応に着実な結果を出し続けていますし、組むべき時は組んでやるを選択できる企業という事でしょうね。
今後も、自社のタイトルを色んな人たちに楽しんでもらえるよう頑張って欲しい限りです。(`・ω・´)

記事にコメントを書く