任天堂、バッテリー持続時間が長くなった「Nintendo Switch」の新モデルを発表。2019年8月下旬から発売

  • カテゴリニュース / 家庭用機
  • コメント(0)
Nintendo Switch

携帯特化型を発表して話題になっているNintendo Switchですが、バッテリー持続時間が長くなった「Nintendo Switch」の新モデルが発表されました。

これは、新型のほうがいいですねぇ……。

現行モデルはバッテリー持続時間が約2.5~6.5時間ですが、新型は約4.5~9.0時間とかなり大幅な向上が見られます。バッテリーの持ち時間を気にしている人は、色々と検討してみるのも有りでしょう。

なお、携帯特化のNintendo Switch Liteは約3.0~7.0時間なので、新型のほうがバッテリーの持ちが良いことになりますが、Liteを買うか否かはご家庭の環境にも影響しそうなところはあります。新型がどれほど話題になるのか、登場を楽しみにしておきたいですね。

任天堂、バッテリー持続時間が長くなった「Nintendo Switch」の新モデルを発表。2019年8月下旬から発売に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:バッテリー持続時間が長くなった「Nintendo Switch」の新モデルが発表だよーってなお話です。

しゃきーんさん:8月下旬か。携帯特化のNintendo Switch Liteよりも良いんだな。

しょぼーんさん:まぁ、色々あるんじゃない? というか、Nintendo Switch Liteの選択肢って家庭環境にかなり依存すると思うのだよね。TVをゲームで占有されたくないご家庭とか、兄弟が複数いる家庭とか。そういうところもフォローしていくというのが任天堂らしいところかな、とも思いますよ。……で、新型欲しいんですが、こうハイエンド仕様のモデルが出るだの何だのって話はどこです?

しゃきーんさん:……その話は実際どーなんだろうなぁ……。

記事にコメントを書く