「モンスターハンター:ワールド」カプコン史上初グローバル出荷本数が1,400万本を達成

  • カテゴリPC / ニュース
  • コメント(0)
モンスターハンター:ワールド

超大型拡張コンテンツ“アイスボーン”が賑わっている「モンスターハンター:ワールド」ですが、グローバル出荷本数がカプコン史上初の1,400万本を達成しました。

頑張ってますねぇ。

本作は今までのシステムをかなり遊びやすくしたような一作ですが、しっかりと評価されたというべきところになりましょうか。看板タイトルが勢い付いた結果を出すというのは喜ばしい事に違いありません。

一方、アイスボーンについては“導きの地”の仕様に不満が集まっている印象もありますが、10月10日のアップデートで改善されるのかどうかが注目されます。今後とも、しっかりと良いゲームに仕上げていって欲しい限りですね。

「モンスターハンター:ワールド」カプコン史上初グローバル出荷本数が1,400万本を達成に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:「モンスターハンター:ワールド」カプコン史上初グローバル出荷本数が1,400万本を達成したよーってなお話です。

しゃきーんさん:これまた、かなり頑張った数字だな。

しょぼーんさん:そだねぇ。全世界に向けたゲームで一つのタイトルがしっかり結果が出せたってのは良い事だよ。今後も丁寧に作りあげていって欲しいモノですな。……ほら、ボッチでもどうにかなるし!

しゃきーんさん:……まぁ、野良でもよければどうにかなるな……。

記事にコメントを書く