株式会社GENDAがセガのアミューズメント施設運営をする「セガエンタテインメント」の株式85.1%を取得

  • カテゴリニュース / ビジネス
  • コメント(0)
セガゲームス

ゲームセンター事業も手堅くやっていたセガですが、

株式会社GENDAがセガのアミューズメント施設運営をする「セガエンタテインメント」の株式85.1%を取得する事を発表

しました。

まぁ、どうにもなりませんね。

GENDAは、アミューズメントマシンのレンタルやオンラインクレーンゲーム事業をメインにした企業です。セガとしては、アミューズメント施設事業が新型コロナウイルスの影響を多大に受けているため、こういった事も仕方なしの一言に尽きましょうか。

今後、「セガエンタテインメント」はセガサミーの連結子会社から外れますが、他の影響としてはセガ大本営がゲームセンター事業向けタイトルに注力する必要性はなくなる、という事も言えます。色々と厳しいご時世ですがセガはどういった舵取りをしていくのか、暖かく見守っておきたいですね。

株式会社GENDAがセガのアミューズメント施設運営をする「セガエンタテインメント」の株式85.1%を取得に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:株式会社GENDAがセガのアミューズメント施設運営をする「セガエンタテインメント」の株式85.1%を取得するぞーってなお話です。

しゃきーんさん:ようするに、セガのゲーセン事業をGENDAが買い取るってことな?

しょぼーんさん:まぁそう認識して良いかと。セガのゲーセン事業はアキバの店舗一部撤退とか話題になってたけど、やっぱり今は厳しいよね。これによって、セガはゲーセンに本気を出さなくてもよくなるという相乗効果があるので、色々と頑張って欲しいモノですな。……ま、とりあえずセガもサミーも頑張っているということで。

しゃきーんさん:まぁ、なんだかんだとメジャータイトルは出し続けてるしなぁ。

記事にコメントを書く