連載:気まぐれゲーム雑記 第1075回:Xbox事業トップのフィル・スペンサー氏曰く「今後も継続して日本でのXboxの成功のために努力していく」

  • カテゴリコラム / 連載
  • コメント(0)
Xbox One

厳しいけど頑張って欲しい

日本という独特な市場

AZです。Civ6は内政寄りになっているので結構楽しめておりますが、AIがアレ過ぎて戦争マッハでけしかけてくるあたりにはなかなかの浪漫を感じてしまいます。

それはさておき、Xbox事業トップのフィル・スペンサー氏が、今後も継続して日本でのXboxの成功のために努力していくとインタビューで答えています。

――日本市場の話もさせてください。現状、日本でのXbox Oneはかなり苦戦しているように見受けられますが、どう認識されていますか?

フィル 日本でのXbox Oneの販売状況は、私の望み通りでないことは確かです。ですが、年内にもXbox One Sを出荷しますし、今後も継続して日本でのXboxの成功のために努力していくと、皆さんにお約束します。

――日本でのXbox Oneの苦戦の原因はどこにあると分析していますか?

フィル 私たちのプラットフォームで提供している日本向けのコンテンツに、私が思い描くほどの深さがないことかもしれません。日本のプレイヤーは、『ペルソナ5』や『仁王』のようなゲームをプレイしたいのだと思います。『ブルードラゴン』や『ロストオデッセイ』が重要だったのは、世界有数の開発チームによって作られた、日本発のXbox 360ゲームだったからです。これについてはいままでも公言してきましたし、今後もっと力を入れるべきだと思っています。

――確かに、Xbox 360は日本市場向けのタイトルが充実していました。

フィル 私たちは、グローバルマーケットを見据えている日本のクリエイターさんとはおおむねいい関係を築けていますが、Xbox Oneは日本ではベストプラットフォームではないため、日本市場を主眼にゲームを開発している日本のクリエイターさんには、あまり興味を持っていただけていません。日本向けのゲームをXbox Oneで出すことは、重要なステップだと思っています。日本のコミュニティーで、Xbox One、プレイステーション4、任天堂さんのあいだで健全な競争が行われるのは、ユーザーさんにとってもよいことであり、Xbox Oneはその一端を担いたいです。

――日本の開発スタジオとの協力関係は、今後も積極的に展開していくのですね?

フィル ご存じの通り、私は日本のデベロッパーさんとはとても親しくお付き合いをさせていただいていて、多くの方とは友人関係でもあります。プラチナゲームズや稲船さんといっしょにゲームを開発していますが、今後も継続して日本の優れたデベロッパーといっしょにゲームを作っていきます。E3のカンファレンスで、『ファイナルファンタジーXV』をご紹介できたのはすばらしかったです。日本のデベロッパーさんは、ゲーム業界全体にとって重要な存在です。このような日本のコミュニティーとのつながりは、とても大切です。日本のデベロッパーさんとお話をしていると、彼らが世界に向けて日本発のゲームを提供するために、Xbox Oneという場を重要視してくださっていることを改めて実感します。

[引用元:ファミ通.com

色んな意味で頑張って欲しいですねぇ……。

Xbox事業が日本でうまくいっていないのは初代Xboxの頃からそうだったわけですが、やはり日本市場でもどうにか成果を出したいという氏の意図は感じられるインタビューとなっています。上記以外にも、Xbox One Sが年内に日本でも発売するといった趣旨の発言をしているなど、全体的に良いインタビュー記事になっているので気になる人は一読しておく事をオススメします。

インタビュー記事の中で見ておきたい部分は、「日本のコミュニティーで、Xbox One、プレイステーション4、任天堂さんのあいだで健全な競争が行われるのは、ユーザーさんにとってもよいこと」というあたりです。実は競争しているという事は凄く重要で、競争していないとサービスが停滞し、価格もつり上がっていく事が予想されます。競争するからこそ、良いサービスを考えようと思いますし、価格も消費者に優しい設定にしていこうという話になっていくわけです。

また、Xbox Play AnywhereでXboxだけではなくWindows機でもアピールできるようになったのは強みの一つでもあります。まぁ、Steamと張り合える市場となるのかどうかは何とも言いがたいですが、今後WindowsはにWindows 10に統合されていきますし、ストアが標準で付いている強みがどこまで活かせるのかは見どころの一つにもなりそうなところでしょうか。

ともあれ、Xbox事業は残念ながら日本市場で厳しい結果になっておりますが、今後も継続してやっていくのは変わりない事のようですし、Windows 10と合わせつつ上手くやっていって欲しいモノはあります。今後どのような手を打ってくるのか、暖かく見守っておきたい限りですね。

連載:気まぐれゲーム雑記 第1075回:Xbox事業トップのフィル・スペンサー氏曰く「今後も継続して日本でのXboxの成功のために努力していく」に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:Xbox事業は今後も日本で継続していくよーってなお話です。

しゃきーんさん:ふむ。メディア発表の数字だとかなり厳しそうだが、頑張って欲しいとは思うよな。

しょぼーんさん:まぁ初代Xboxの頃から色々と上手くいかなかったわけだけど、ある程度Xbox所持者達が安心するような結果が出て欲しいよね。色々と厳しいからこそ、予算があれだったりもするのかなぁと大人の事情みたいなモノを考えちゃったりもするけど。……大変そうだけど、今後もマイペースに突き進んで欲しいなぁ……。

しゃきーんさん:心配しなくとも大丈夫、というラインまで伸びると良いんだが、なかなかそうもいかないのが現実なんだろうなぁ……。

記事にコメントを書く