「白猫プロジェクト」が訴訟に関わる対応として一部の操作変更を告知

  • カテゴリニュース / モバイル
  • コメント(0)
コロプラ

任天堂から特許権侵害として訴訟を起こされているコロプラの「白猫プロジェクト」ですが、訴訟に関わる対応として一部の操作変更を告知しました。

さて、どうなるでしょうね?

任天堂は2018年1月にコロプラを相手取って特許侵害で訴訟を起こしたことは記憶に新しい話題ですが、その特許侵害のモノの中に操作関連の事が含まれていたのもよく出る話でした。現在まだ係争中の事案ですが、今のうちに対応するという結果がどう響くのかは見どころの一つにもなりましょうか。

なお、Nintendo Swtich版の話については企画見直しで発売日未定な状態となっていますが、そちらの動向も見守られます。裁判とあわせてどのようになっていくのか、しかと見守っておきたいですね。

「白猫プロジェクト」が訴訟に関わる対応として一部の操作変更を告知に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:「白猫プロジェクト」が訴訟に関わる対応として一部の操作変更を告知しとるよーってなお話です。

しゃきーんさん:これって、任天堂とのアレコレだよな?

しょぼーんさん:白猫プロジェクトだからね。そういうことなんじゃない? どういう結果になるのかはわからんけど、まだ係争中の案件だからのんびりと結果が出るのを見守れば良いと思うよ? ……こういうのっていつ頃わかるのかね?

しゃきーんさん:日本の裁判は長いから、どうなることやら……。

記事にコメントを書く