スクウェア・エニックス、自社での「ディアブロIII」シリーズおよび「オーバーウォッチ」の発売を2019年6月30日で終了。7月1日からはBlizzard Entertainmentが販売

  • カテゴリPC / ニュース
  • コメント(0)

スクエニ社の海外タイトル専用レーベル“Square Enix Extreme Edges”ですが、自社での「ディアブロIII」シリーズおよび「オーバーウォッチ」の発売を2019年6月30日で終了する事を伝えています。

まぁ、本家が出てくるならそれで良し、ですかね。

販売元がBlizzardになるという事ですが、各種オンラインサービスや使用期限内の特典コードなどはそのまま継続して使用できるとの事です。これまでのパッケージ版や2019年6月30日までのダウンロード版を購入した場合、サポートが引き続きスクエニ社になるので一度確認しておくと良いでしょう。

Diabloがどのように日本展開されてきたかをリアルタイムで見てきた身としては、あのBlizzard社が日本でちゃんと対応してくれるという事に何とも感慨深いモノを感じてしまいます。今後も安定してサポートが続く事を願いたい限りですね。

スクウェア・エニックス、自社での「ディアブロIII」シリーズおよび「オーバーウォッチ」の発売を2019年6月30日で終了。7月1日からはBlizzard Entertainmentが販売に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:スクエニ製の「ディアブロIII」シリーズおよび「オーバーウォッチ」の発売が2019年6月30日で終了だよーってなお話です。

しゃきーんさん:今後はBlizzardが発売か。

しょぼーんさん:まぁ、Nintendo SwitchのDiablo3はすでにBlizzardだしね。良い傾向だと思うし、末永く日本でも販売し続けて欲しいと願わざるを得ませんな。……次のディアブロ、期待してます!

しゃきーんさん:ぼちぼち発表、かねぇ……。

記事にコメントを書く