“バーチャロン”シリーズを手がけてきたプロデューサー亙重郎氏が2月でセガを退社した事を発表

  • カテゴリニュース / ビジネス
  • コメント(0)
セガゲームス

“バーチャロン”シリーズのプロデューサーとしてお馴染み亙重郎氏ですが、2月でセガを退社した事を発表しました。

シリーズ、セガはどうするでしょうね?

亙重郎氏はバーチャロンを生み出した御仁として大変知られていますが、昨今においてはシリーズの動向が色々と厳しい情勢だった印象もあります。とはいえ、間違いなくロボットアクションの名作として名を残したことに間違いはないだけに、今後セガがアクションを起こすのかどうかが一つの焦点になりそうです。

セガといえば、1月に“龍が如く”でお馴染み名越氏が取締役CCOを退任しクリエイティブディレクターとしてセガに留まる事が発表されましたが、社内での開発体制が再編している様な印象も窺えます。今後どういったタイトルを排出していくことになるのか、しかと見守っておきたいですね。

“バーチャロン”シリーズを手がけてきたプロデューサー亙重郎氏が2月でセガを退社した事を発表に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:亙重郎氏が2月でセガを退社したよーってなお話です。

しゃきーんさん:ふむ。それは残念だな……。

しょぼーんさん:今のセガが、バーチャロンをどうこうするってのは結構難しい印象なんだよね。亙さんはすごく頑張ったと思えるだけに、今後はしばらくリフレッシュして次の展望を描いて欲しいモノですな。……ロボットゲームって需要と供給のバランスが大変なんだろうねぇ……。

しゃきーんさん:さて、バーチャロンはどうなるかねぇ……。

記事にコメントを書く