任天堂、ニンテンドー3DSとニンテンドー3DS LLの修理受け付け終了を発表

  • カテゴリニュース / ビジネス
  • コメント(0)
任天堂

すっかりNintendo Switchへシフトした任天堂ですが、ニンテンドー3DSとニンテンドー3DS LLの修理受け付け終了を発表しました。

まぁ、仕方がないですね。

受け付け終了の理由として「修理に必要な部品の確保が困難なため」としていますが、今回の発表で終了するのはニンテンドー3DS本体、およびニンテンドー3DS LL本体のみで、「Newニンテンドー3DS」「Newニンテンドー3DS LL」「ニンテンドー2DS」「Newニンテンドー2DS LL」らは引き続き修理を受け付けているとのことです。もし3DSの修理を希望している人は、2021年3月31日に任天堂へ到着したモノまでを修理対象としているので、今のうちに送っておくと良いでしょう。

今や任天堂ハードの旬はNintendo Switchへと完全に移行しましたが、3DSでも多くの名作があった事に間違いはありません。最後までしっかりとサポートし続けて欲しい限りですね。

任天堂、ニンテンドー3DSとニンテンドー3DS LLの修理受け付け終了を発表に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:ニンテンドー3DSとニンテンドー3DS LLの修理受け付け終了が発表だよーってなお話です。

しゃきーんさん:New3DS系列はまだ受け付けてるのか。

しょぼーんさん:とりあえず、元祖が終わるってことで。まぁ時代はもうNintendo Switchへ移行したんだし、仕方がないんじゃない? とはいえ、3DSも名作が多かったので、今のハードで遊べるようにして欲しいと願わずにはいられないけどね。……まぁ、当方の3DSはNewだからまだまだいけますけど!

しゃきーんさん:ああ、New3DSが出た頃に3DSを落として壊した結果、買い換えたんだっけか……。

記事にコメントを書く