比較記事:ファミ通とメディアクリエイトの販売ランキング比較 [集計日:2015年7月27日~8月2日]

  • カテゴリビジネス
  • コメント(0)

最初に断り書き

本記事は、ファミ通.comと4Gamer.net(メディアクリエイト調べ)より発表されているゲームタイトルの売上数にどれくらいの差や違いがあるか、純粋な疑問から作ることにした記事です。

また、比較表を作る際に、ファミ通さんおよびメディアクリエイトさんのデータを引用させて頂いています。見やすくするためのレイアウト変更はありますが、数字の改変などは一切行っていません。もし問題があるようでしたら早急に対処します。

集計期間:2015年7月27日~8月2日

2015年7月27日~8月2日 ゲーム売り上げ比較データ

[参照元:ファミ通.comおよび4Gamer.net

新作は、以下の6本となっています。

  • どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー
  • IA/VT -COLORFUL-
  • デート・ア・ライブ Twin Edition 凜緒リンカーネイション
  • レイギガント
  • コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー
  • KLAP!! ~kind Love And Punish~

どうぶつの森シリーズでもインテリアやエクステリアに特化したスピンオフタイトル「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」が、圧巻の1位となりました。スピンオフながらにココまで売れるのは、流石というほかありません。当ブログでは、後日レビューを書く予定です。

「IA/VT -COLORFUL-」は、マーベラスのリズムゲームとなります。評判をあまり聞かないのですが、売り上げ自体は新作として無難なところではないでしょうか。

新作ダンジョンRPGとして期待された「レイギガント」は、ちょっと勢いが足りない感がなきにしもあらずです。新規タイトルなだけに、もう少しアピールしたかったところはあるかもしれません。

他には、ラノベ枠の「デート・ア・ライブ Twin Edition 凜緒リンカーネイション」が、数字はともかく消化率は高いモノとなっています。あと、3DSでのリメイク「コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー」、女性向けとなる「KLAP!! ~kind Love And Punish~」らは、可もなく不可もなくといったラインです。相変わらず、女性向けの数字はちょっとわかりません……。

全体的に見て、やはり「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」はどうぶつの森の強さを見せつけている印象が強いです。内容も、だらだらできるタイプですし、のんびり遊びたい人にとっては相性が良いのでしょう。一部のタイトルが大きく売れるという現象は今に始まったことでもありませんが、全体的にもう少し色んなモノが話題になって欲しいとは思えます。

各ハードについて

Wii Uは、先週と同じくさほど変化がありません。Wii Uでのタイトルが少ないのが何よりの証拠でしょう。次にハードが大きく動くタイトルは何になるのかが注目されます。

またPS4も、先週と似たような感じに落ち着いています。PS4向けとして話題になりそうなタイトルの登場が待たれる事となります。

Xbox Oneは、相変わらず厳しい。すでにお伝えした通り、「Gears of War: Ultimate Edition」の国内発売も見送られるような状況で、Xboxを取り巻く日本での情勢は厳しさを増しているような印象を受けます。Windows10でどうにかする……んですかね?

以上、今週の売り上げ比較記事でした!

比較記事:ファミ通とメディアクリエイトの販売ランキング比較 [集計日:2015年7月27日~8月2日]に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」が首位に輝いたよーってなお話です。

しゃきーんさん:どうぶつの森、すげーな。

しょぼーんさん:わたくしもこのゲームをちらほらとやってるけど、のんびりやれて良い感じかな、と。インテリアやエクステリアに興味がある人はやってみて欲しいっすな。……あの「ラングリッサー」の後だから、快適さがスゴイよ……。

しゃきーんさん:……アレと比較する方が間違ってるとしかいえねーよ……。

記事にコメントを書く