VRヘッドセット「Oculus Rift」の製品版が599ドルで予約開始、日本国内からの購入は手数料など込みで9万円超え

  • カテゴリエンタメ
  • コメント(0)
Oculus Rift

VRの先陣を切る形で登場したト「Oculus Rift」ですが、製品版が599ドルで予約開始されました。予約ページはこちら

すでにいくつかのメディアも取り上げていますが、価格が9万を超える事態となっており、かなり高価なモノになっていると話題になっているようです。

価格は599ドルとなっており、国内からの購入時には関税や消費税込みで8万3800円、送料込みにて9万4600円となる。支払いは予約購入時では無く、製品の出荷時に処理される見込み。初回分は3月28日に出荷され、記事執筆時点の1月7日午前7時に予約すると2016年5月の出荷分を受け取ることができる。

[引用元:Automaton

元々Oculus Riftは、開発者向けのDK1が300ドル、DK2が350ドルで販売されたので、その金額とは少々見合わないモノになっています。その理由として、Facebookによる買収で価格よりもハイエンドなモノを重視した結果とも伝えられている状況です。

私としてはある程度予想していた価格帯ではありますが、やはり「高い」という印象になります。この価格帯で普及を目指すというのは、かなり厳しいモノになるでしょう。「このコンテンツはVRと相性が良いので是非VRで!」なんて、とてもオススメできる価格帯ではありません。当然、それだけの価値を見出せる人にとっては突撃できるのも理解はできますが、VRだからこそ約10万円弱の投資を厭わない人というのは、そう多くもない事が予想できます。

あくまでも私見ですが、VR体験というのは「他者と共有しづらい」といった側面があると考えています。VRの凄さは、動画を見ただけでは理解できません。実際に、いち個人として体験する必要性があります。つまり、VRだからこそ価値があるというコンテンツを用意しつつ、それを多くの人に体験してもらわないといけないのですが、そこにきて価格もネックである、というのは、結構ハードルが上がってしまった感も否めないところでしょうか。

もちろん、今後続くPS VRやViveなどが同様の価格帯でくるかどうかはわかりません。ある程度参考にしながらも、市場動向や性能を見て決めていく事になるでしょうが、その他にもVRの価値を最高に上げてくれるコンテンツが必要になります。「○○元年」という言葉をちらほら見かけたりもしますが、2016年に注目されているVRはどうなっていくのか、今後の展開をしかと見守っておきたいですね。

VRヘッドセット「Oculus Rift」の製品版が599ドルで予約開始、日本国内からの購入は手数料など込みで9万円超えに関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:VRヘッドセット「Oculus Rift」の製品版が599ドルで予約開始だよーってなお話です。

しゃきーんさん:うーん。ゲームと絡めてみた場合は、やっぱ高いと判断するしかないな……。

しょぼーんさん:もちろん、今後軽量化やら何やらで時間が経てば安くなっていくのだろうけど、初動の市場形成時に普及が少ないとなるとコンテンツ提供側がついて行けなくなっちゃうんだよね。それに「Oculus Rift」の場合は開発者向けバージョンから一気に価格を上げたから、ちとよろしくない印象になってるとは思う。……ま、他のヘッドセットが出揃ってからが本当の見極めどころかな、と。

しゃきーんさん:あとは、VRで話題になるようなコンテンツが早い段階で出てきてくれると印象も良くなっていくのかねぇ……?

記事にコメントを書く