カプコン、「モンスターハンター:ワールド」の出荷数が1,000万本を突破した事を発表

  • カテゴリPC / ニュース
  • コメント(0)
モンスターハンター:ワールド

国内ではPS4やSteamで発売されている「モンスターハンター:ワールド」ですが、出荷数が1,000万本を突破した事が明らかになりました。

株式会社カプコンは、PC版『モンスターハンター:ワールド』のPC向けゲームプラットフォーム「Steam」への配信を開始し、コンシューマ版と合わせて全世界で1,000万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)しましたのでお知らせいたします。

「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。「友人と協力して強大なモンスターに挑む」という通信協力プレイが新たなコミュニケーションスタイルを確立し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。2004年に第1作を発売して以降、14年を経た今なお確実にファンを増やし、最新作『モンスターハンター:ワールド』は1,000万本※を突破し、シリーズ累計販売本数5,000万本※を誇る大ヒットシリーズに成長しています。※2018年8月20日時点

この度『モンスターハンター:ワールド』を、世界中で利用される「Steam」向けに配信を開始し、より多くの地域で幅広いユーザーに訴求した結果、発売から半年以上経過した今も好調なセールスを続けるコンシューマ版と合わせて、カプコンにおける単一タイトルとして史上最高の出荷本数を更新し、1,000万本の大台を達成しました。

[引用元:カプコン

カプコン初の大台、おめでとうございます。

Steamでの発売で更に勢いが加速した本作ですが、1,000万の大台に初めて到達したというのは喜ばしいの一言につきましょうか。今後、どこまで伸ばせるのかも注目されるところになります。

その一方で、Steam版はマウス操作と通信エラーという二つの問題を抱えており、残念ながら評価を下げる一因になってしまっています。公式でも対応する事が明言されていますが、いつ改善されるのかという可及的速やかな発表が求められる事になりそうです。1,000万の大台に乗るほど話題になっているのは素晴らしい事ですし、どのプラットフォームでも評価が良くなっていく事を期待したい限りですね。

カプコン、「モンスターハンター:ワールド」の出荷数が1,000万本を突破した事を発表に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:カプコンは、「モンスターハンター:ワールド」の出荷数が1,000万本を突破だよーってなお話です。

しゃきーんさん:ふむ。ずいぶん勢いに乗ってるな。

しょぼーんさん:Steamでの配信がさらに良い結果を生んだのでしょうな。結局、日本からもSteamで買えたし。いや、あれについては最初からそう発表しろよ、と本気で思ったけど。まぁ、今Steam版は微妙な問題をガッツリ抱え込んでいるので、サクッと改善される事を期待したいモノですな。……こういう形で評価を下げるのは本当に勿体ないと思うのです……。

しゃきーんさん:せっかく1,000万の大台に乗ったんだしな。

記事にコメントを書く