「バイオハザード RE:2」のレーティングは“D”と“Z”の2種類が発売、8月10日から予約開始

  • カテゴリPC / ニュース
  • コメント(0)
バイオハザード RE:2

Steam/PS4/Xbox Oneから2019年1月25日発売予定の「バイオハザード RE:2」ですが、レーティングは“D”と“Z”の2種類が発売されることが明らかになりました。

2種類のほうが良い結果になるのでしょうかね?

いわゆる18禁仕様と一般向け仕様の2種類が発売されますが、どちらが良いかは好みである事に概ね間違いはないでしょう。なお、18歳未満のかたは素直にレーティング“D”のモノを購入するようにしましょう。

予約は8月10日ですが発売は2019年1月なので五ヶ月ほど先になりますが、今回のリメイクがどういった結果を出すのかは興味深く見守りたいモノはあります。シリーズも長くなったからこそのリメイクですし、大いに賑わって欲しい限りですね。

「バイオハザード RE:2」のレーティングは“D”と“Z”の2種類が発売、8月10日から予約開始に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:「バイオハザード RE:2」のレーティングは“D”と“Z”の2種類が発売だよーってなお話です。

しゃきーんさん:グロさや出血具合の違いかね?

しょぼーんさん:まぁそんな解釈でよろしいかと。あとは店頭のどの部分に置かれるのか、というところかな。リメイクは新旧色んな人にアピールできるから、色々と対応しているということで。……良いリメイクになるといいねぇ……。

しゃきーんさん:もうシリーズもずいぶん長くなったからなぁ……。

記事にコメントを書く