任天堂、「白猫プロジェクト」でのコロプラに対する損害賠償請求額を49.5億円に増額

  • カテゴリニュース / ビジネス
  • コメント(0)
任天堂

「白猫プロジェクト」での特許裁判を任天堂とやりあっている「コロプラ」ですが、任天堂が損害賠償請求額を49.5億円に増額した事が報告されています。

まぁ、なかなか手厳しそうですかね?

コロプラの「白猫プロジェクト」が任天堂の特許に触れたか否かで現在も争われている裁判になりますが、コロプラ側としては特許にひっかかりそうな操作を変更するというアクションを取りながらも、「任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信」しているとのことで、今後も争い続ける姿勢である事がうかがえます。最終的にどこへ着地するのかが焦点とも言えましょうか。

なんだかんだと3年以上続いている裁判ネタですが、多くのゲームファンが見守っているネタであることに違いはありません。最後まできちんと見守り続けておきたいモノですね。

任天堂、「白猫プロジェクト」でのコロプラに対する損害賠償請求額を49.5億円に増額に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:任天堂が「白猫プロジェクト」でのコロプラに対する損害賠償請求額を49.5億円に増額したよーってなお話です。

しゃきーんさん:特許裁判なアレか。

しょぼーんさん:アレだね。まぁ、どちらもちゃんと主張しあっているのだし、コロプラはとことんやり合うって感じを出してるからそれはそれでいいんじゃない? 金額を考えれば、落としどころってそう簡単に見いだせるモノじゃないだろうしね。……すんげぇ高そうだよねぇ……。

しゃきーんさん:さて、どんなオチになるのかねぇ……。

記事にコメントを書く