マイクロソフト、ベセスダなどの親会社ZeniMax Mediaの買収を発表

  • カテゴリニュース / ビジネス
  • コメント(0)
マイクロソフト、ベセスダなどの親会社ZeniMax Mediaの買収を発表

The Elder ScrollsシリーズやFalloutシリーズでお馴染みベセスダソフトワークスの親会社であるZeniMaxですが、マイクロソフトはZeniMaxの買収を発表しました。

こりゃもう、クソ強いですね。

発表によると、ZeniMax Mediaとその傘下の開発スタジオを含む買収で金額は75億ドル(日本円にして約7800億円程度)となっています。つまり、「Bethesda Softworks」「Bethesda Game Studios」「id Software」「ZeniMax Online Studios」「Arkane」「MachineGames」「Tango Gameworks」「Alpha Dog」「Roundhouse Studios」らがマイクロソフト傘下になったということで、Xbox統括のフィル・スペンサー氏は今後のゲームはすでにPS5向けに発表されている「DEATHLOOP」「Ghostwire: Tokyo」はそれを尊重するとのことですが、今後のゲームはPCやXboxで発売される予定で、その他のコンソールはケースバイケースである事も語っています。

ともあれ、日本でも良く知られる企業の買収ということで、大きな話題を生むことに間違いはありません。今後のFallout新作やTES6などがどういった形になっていくのか、動向を見守っておきたいですね。

マイクロソフト、ベセスダなどの親会社ZeniMax Mediaの買収を発表に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:マイクロソフトがベセスダなどの親会社ZeniMax Mediaの買収を発表したぞーってなお話です。

しゃきーんさん:ふむ。2021会計年度後半に完了か。これまた、超大型だな。

しょぼーんさん:そだねぇ。FalloutシリーズやTESシリーズでお世話になった人も多いだろうだけに、これは面白い話かな、と。今後の対応プラットフォームがどうなっていくのか、動向を見守っておきたいね。……すげぇ力強い買収だよね……。

しゃきーんさん:これまた、結構影響がありそうだよなぁ……。

記事にコメントを書く