“初音ミク -Project DIVA-”や”フォトカノ“を手がけたディンゴが自己破産申請

  • カテゴリニュース / ビジネス
  • コメント(0)
ディンゴ

「初音ミク -Project DIVA-」や「フォトカノ」の開発元として知られていたディンゴですが、自己破産申請の準備に入った事が報じられています。

「東京」 (株)ディンゴ(資本金1000万円、渋谷区本町1-17-12、代表庄司竜也氏)は、3月21日までに事業を停止し、事後処理を藤沢裕一弁護士(港区西新橋1-21-8、タキオン法律事務所、電話03-6205-4216)に一任、自己破産申請の準備に入った。

[引用元:帝国データバンク

これまた、どうにもしようがないですね……。

今回の自己破産申請は、コンシューマー市場が縮小傾向にある中で同業他社との競合が激化し、売り上げが減って支えきれない事態に至ったという事が明記されています。最近ではDMMで「ラグナストライクエンジェルズ」の開発をしていましたが、今後はそこらへんの対応が求められる事になりそうです。

2年ほど前あたりからディンゴの周辺では不穏な話題が出てくるような状況だったと記憶しておりますが、今回の一件は非常に残念でなりません。どのメーカーも、上手くやりくりしていって欲しい限りですね。

“初音ミク -Project DIVA-”や”フォトカノ“を手がけたディンゴが自己破産申請に関するしょぼーんさんとしゃきーんさんのゲーム座談会

しょぼーんさん:“初音ミク -Project DIVA-”や”フォトカノ“を手がけたディンゴが自己破産申請するよーってなお話です。

しゃきーんさん:ディンゴ、ダメだったか。

しょぼーんさん:まぁ、あまり良い話題がでてきてなかったしね。過去にどんな良いモノを作っていようが、つぶれるときはつぶれてしまうのがビジネスだから、こればっかりは仕方がないとしか言いようがない案件っすな。……どのメーカーも、上手く舵取りして欲しい限りっす。

しゃきーんさん:競争があるビジネスなだけに、事業が続けられなくなるところがあるのは回避できない話だしなぁ……。

記事にコメントを書く